福山競馬の専門紙 「これはイジメか」

スポンサーリンク

キンキとエースは割とポップな構成だったからか、思ったことをそのまま言葉にしていたり、面白おかしく表現したりということが多かった。
上記のような「イジメ」であったり、同様のケースで勝ち目がまるでない場合だと「オリンピック精神」なんて言葉もよく使われていた。

記憶にある限りだと96年の福山エースに「オリンピック精神」とあったので、もしかすると樋本デスクが出始めた頃と共に使われるようになっていたのかもしれない(樋本デスクはこういう表現がすきそうだったし)。

コメント