1951年の岡山競馬

スポンサーリンク


1951年の秋の岡山競馬では「中国地方初」の繋駕速歩競走が実施されたとのことで、その10月7日からの岡山市営開催と、10月21日からの岡山県営開催の結果より情報をまとめた。

確認できている出場騎手

西崎槌田岡部近藤小野
池上武池上幸福島梶原金原
渡辺美馬世良幸神高松尾
阿部片岡岡本藤井西岡
世良岡崎斉藤入野末広
小松原東森桧山奥村谷原
伊藤安部杉田宮崎上原斉
千葉湯浅桜井土田奥田
巌見梶浦畠中千同美馬勝
加茂伊藤伝

「入野」「梶原」「岡部」の3騎手。
この3騎手は「入野健一」「梶原喜造or榮太郎」「岡部輝雄」の後の高知競馬調教師ではないか。

これまで福山でも「梶原」「岡部」の2名は見かけていたが、ここにきて初めて「入野」の名を発見して、その可能性が一層高まった。

同時期の高知競馬についても近々調べてみようと思う。

2018/09/08追記
「美馬勝」は戦前の公認競馬で活躍した「美馬勝一」騎手ではないか。
この開催の岡山競馬では初めて繋駕速歩競走が行われ、繋駕の名騎手であった美馬勝一氏がそれに出場していたということが十分にあり得る。
更にこの昭和26年以降も公営新潟で騎乗しているため、美馬勝一騎手であることが濃厚かと。
参考リンク1
参考リンク2

施行距離

駈歩
1200m1350m1600m1800m2200m2400m
速歩
2200m2400m2600m2800m3000m

売上・特記事項など

10月7日から開催の岡山市営岡山競馬はルース台風で最終日が延期

10月11日は入場4000人 売上5,821,700円

10月13日は入場3500人 売上5,241,000円

10月21日からの岡山県営岡山競馬は、開催総売上が39,767,000円

畜産ニュースを見る限り、この3900万円の売上は目標額を上回るものであったと思われる。

コメント